カテゴリー「学問・資格」の12件の記事

岡村隆史さんが筑波大学に挑戦!!

Photo

今から10年以上も前のめちゃイケ企画なんですが、岡村さんが筑波大学を受けるというやつです。

経緯というのは下の動画を見れば分かると思いますが、簡単に紹介しておきますね。

ネタバレも一部含まれますので、見たくない方は飛ばしてもらっても構いませんよ、読んだ方が内容が分かりますけどね♪

めちゃイケがめちゃモテだった頃、雛形あきこさんのファンだった柔道一筋の真面目な高校生(ヨモギダ君)がテレビ出演をきっかけにモテるようになり、勉強もおろそかになりました。そこで、岡村さんが『男は外見ではなく、生き様である』という事を教えるために、彼と同じ筑波大学を受験する事を決意しました。

ヨモギダ君その1   ヨモギダ君その2

ヨモギダ君その3   ヨモギダ君その4

5分以上見られないって方はここをクリックして下さいね、別にいいんですよ、見られないだけですからね。

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

投票お願いします

↑↑ブログランキングに登録しました

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

センター試験~リスニング

Photo

今日は思わぬ臨時収入を得ました。

何故だか去年のリスニングのICプレイヤーを貰ったという…何故に去年の…?

そういえば画像の色合いがおかしいですね、本物は前が白いです。

んで去年のは後ろの面が青でした。

確か、一昨年が緑で、今年は黄色でした?

そんでイヤホンはブラックです。

さっき、一応試しにという事で、ちょっと聞いてみました。

talk aboutしか分からん( ̄ー+ ̄)

嫌になったんで消そうとすると、作動中ランプが消えない…電源が…キ・エ・ナ・イ

という、なんだか非常事態発生の様相でした。

仕方ないので、ドライバーで電池の蓋をとって電池を抜いてやりました。

そいでようやく消えてくれまして…めでたしめでたし??

という訳で、このICプレイヤーの正規の電源の落とし方が分かる方、コメントお願いしますm(_ _)m

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

投票お願いします

↑↑ブログランキングに登録しました

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センター試験

今さっきセンター試験受けました。(ほぼ趣味です)

Ⅱ・Bは出来があまり宜しくないようでした(汗)

といた感じでは、Ⅰ・Aは前年並みでⅡ・Bは前年よりやや難~前年並みくらいだと思います。

私がⅡ・Bを時間内に解けなかったのは、完全に勉強不足です。

間違いありません。

こんな私が解説の仕様も無いので、Ⅰ・Aの方だけかる~く流れを確認すると、

第一問〔1〕⇒単なる計算問題、出来なかった人は計算力不足

第一問〔2〕⇒命題の真Or偽、ゆっくり考えれば出来る問題。

第二問(1)⇒頂点を求めるのは基本中の基本。微分を使って求めても良い。接する時は、判別式D=0。

第二問(2)⇒aの範囲を考える時は、簡易グラフを作成する。それぞれ-1<a+1<3、a+1>3、a+1<-1の場合を考える。これさえ出来れば、後は簡単。最後の問題はaの範囲に気をつければよい。

第三問⇒角度は余弦定理、長さは角の二等分線の公式で求める。二等分線と問題文に書いてあるので、レベルは低い。角度を選ぶ問題は、円に内接する四角形の内対角の和は180゜に等しいを使う。正三角形からBEの長さを求める。DEも余弦定理。O'Bは正弦定理。最後の問題は、sin、cosを求めた後、tan=sin/cos(角は省略)で出す。最後だけやや難。

第四問(1)⇒それほど多くは無いので、全事象を書こう。中学生でも解けるレベル。

第四問(2)⇒投げる回数1回の場合は4以上が出た時。2回で終了する時は、1~3が1回目に出て、2回目には4以上になる数が出た時である。全事象を書いてもすぐに解ける。最も投げる回数はどう考えても4回。その時の確率は、111□の時の6通りであり、4回投げるので、全事象は6の4乗通りであることから、1/216が正解。期待値は、まだ求めていない、3回で終わる確率を求め、期待値の計算をすればよい。全体としては若干・易。

とまぁこんな感じです。

結構ぱぁーって書いたし、解説とか何も見てないんだけど(汗)

間違ってたらすみません、先に謝っておきます。

o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

投票お願いします

↑↑ブログランキングに登録しました

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数学の問題

Question_2

数学の問題を作ってみました。(これは、私が高校時代に定期テストやら、プリントやらで出された問題を簡単にしたものです⇒ごめんなさい、答えはないのです)

理由は、ネットサーフィンで見つけた(ブログ)対数の問題やらフェルマーの最終定理の証明への足掛かりを読んでうずうずしてきたから。

はい、何を隠そうこの私、隠れ数学オタクなのでありました。(過去形)

その割りに数学そんな出来ないっていう…あれ?

(3)は、確か某国立大(文系)の過去問を滅茶苦茶簡単にしたものではなかったっけ?

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

投票お願いします

↑↑ブログランキングに登録しました

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か釈然としない

高校ランキングってあるじゃないですか?

偏差値順ではなく、全てをひっくるめてっていう感じのですが。

中学校の時、今の母校から何から調べてみたんですが、まぁ当然載ってるわけが無いですよね、上位には。

何かいいとこを見つけるとしたら、国公立大学の進学人数が県内でたまに1番になる位ですね。

まぁそれはおいといて、全国で100番に俺が行きたかった進学校がありました。(偏差値70)

やっぱすげぇな思ったんですが、その遥か上に偏差値30でも受かる高校がランクイン。

ちょっとそれは無いよと思い、釈然としないまま…俺は今の高校に入った…わけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円周率が3以上である事を証明しなさい。

Enshu



中学3年生の時に突如出された問題。

こんなの小学生でも出来るぞ、と先生に言われましたが出来ませんでした!!

ただ、解法は至ってシンプル。

半径1の円に内接する正六角形を考えます。

(正六角形の周の長さ)<(円の周の長さ)

6<2πよって、π>3 

こんな簡単な問題が出来なかった俺って一体(汗)

ちなみに、円周率が3.05以上であることを証明せよって言う問題もあります(東大入試)。

こちらは、余弦定理という割かし有名な定理(高校でやります)を使って解きます。

相互リンク募集中です!!



投票お願いします

↑↑ブログランキングに登録しました

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英語できないよぉ

今から凄い勉強しないといけませんが、

TOEICで800点以上取りたいっす(*´v゚*)ゞ

私は、本当に英語が出来ませんdowndown

現在の英語力は、英検5級危うし\(;゚∇゚)/

というわけで、まずは第一歩と思って、

英語のセンター試験もやってみたわけですよ。

結果:200点中80点いかず(ノ_≦。)

80点じゃあ全国でいける大学Nothing。

数学ならきっと出来るはずなのに…ぐへっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やばい。

はっきりいって、まずい。

TOEICの問題を見て思った、俺の英語力はひどい。

単語も、文法力もまるで無い。

全てが盤根錯節の事態になりつつある。

脳はbrain、肺はlung?、管って何だ??えーと、youtube??

momentって瞬間だっけ??あれ??重要性??何で??

どうやら、中学生からやり直さなきゃいけない気がしてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭をやわらかくして考えてみたら…

Suretsu



皆さん、□に入る数字が分かりますか?

3分以内に全部分かった方は、超天才だと思います。

2番までは非常に簡単ですが、3番から若干厄介になります。

特に、(6)は出来たらびっくりです、ちなみに×というのは、当てはまる数字がありませんということです。

1問でも分かった方、答えを教えて欲しい方はコメント下さい。では!

相互リンク募集中です!!



投票お願いします

↑↑ブログランキングに登録しました

にほんブログ村 ゲームブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

日本語の使い方

「1000円からお預かりいたします。」

先日行ったお店でそう言われました。

えっ、俺、1000円じゃないんだけど。

↑↑の例のように、誤った日本語の使い方は屡(しばしば)あるようです。

最近俺が驚いたのは、『檄を飛ばす』っていう意味です!!

一般的には、元気のない人に刺激を与えるという意味で使われていますが、実際は自分の主張を述べて同意を求めることという意味です。

気をつけてくださいね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)