« (小説)ひぐらしのなく頃に-紅殺し編①- | トップページ | 陽あたり良好!ー1話から見れますー »

(小説)ひぐらしのなく頃に-紅殺し編②-

ひぐらしのなく頃にー紅殺しー
第二話「序章。」

「圭ちゃん?」

「ああ、ん?何だ??」

「どうしたの、ぼぉーとして。」

「ちょっとな。」

俺が考えてたのは、昨日のレナだ。

いつもと違う雰囲気を醸し出していた気がする。

あれが本来のレナなのか・・・、俺の思考はそこで止まってしまう。

「どうかしたの?心配事ならおじさんが乗るよ。勿論、おじさんが嫌ならレナだってみんなだっているし、独りじゃないんだよ。」

「魅音、お前たまにはいいこと言うな。」

そうだ、俺は今独りじゃない。

魅音だっているし、レナだって、梨花ちゃんだって、ちょっとムカつくけど沙都子だっているんだし。

やっぱり、昨日の事は忘れよう。

今、俺はそう決めた。

「たまにとは何さ。」

「まぁ、それでも感謝してるよ。ありがとな、でも本当大丈夫だから。」

「そっか、んじゃあここ、教えてよ。おじさんにはさっぱり。」

「はぁ、こんなのも分かんないのかよ。」

「だって、おじさん勉強はさっぱりだよ。圭ちゃんだって分かってるじゃない。」

「レナもちょっとここ分かんないなぁ。」

「レナもかよ。」

はっきり言うと、レナや魅音が分からないところというのは、基礎中の基礎の問題。

前の学校でこんなのが出来なかったら、テストは0点だっただろうし、馬鹿だという事で虐めの対象になっただろう。

それでも、ここはド田舎だから、別にこんな問題が出来なくてもいいんだけど・・・。

「この式をまず平方完成して・・・」

・・・

・・・

・・・

キーンコーンカーンコーン

授業の終わりを告げるチャイムが鳴る。

それと共に、教室は放課後という名の戦場と化す。

この1ヶ月、放課後というものは遊びであり、遊びというものは常に戦いである事を学んできた。

常に戦うからこそのスリルと面白味は、昔の俺には決して分からなかったと思う。

「はぁ、人に教えるっていうのは、3倍理解してなきゃいけないって言うけど、強ち(あながち)間違いじゃないな。自分の知識の浅さに反吐(へど)が出るぜ」

「圭ちゃんさ、そんなこと言ったら、あたしの立つ瀬無いよ。」

「あら、楽しそうでございますわね、圭一さん、魅音さん。今日の部活はどうするんですの?」

「そうだな、俺は特に何も思いつかないな、魅音、何かいい案ってあるか?」

俺が少し考えている間に、魅音はロッカーまで行き、何やら取り出そうとしていた。

「圭ちゃん。へっへっへ。昨日ね、部活で戦う新しいゲームを裏ルートから入手したんだよ。」

「まじかよ。んで、どんなゲームだ。」

「LIFETIME GAME.~裏ルート特装版~っていうボードゲーム。双六を強化したものと思ってくれればいいよ。ただね、そのそれぞれのマスにはね、色んなことが書いてあるんだよ。」

「裏ルートかよ?」

ボードゲームのタイトルといい、裏ルート特装版という怪しいロゴといい、どうやらツッコミどころ満載のゲームらしい。

「えっ、例えば、どんなことが書いてあるかな、かな?」

「猫耳つけて校庭一周とか、カレーなんて大嫌いだ!!って職員室で叫ぶとか。」

「後半のやつって、明らかに俺達向けじゃねぇか?」

「よく気付いたね、圭ちゃん。」

「それは流石に鈍感な圭一でも分かりますのです。」

「鈍感!?」

「圭一は鈍感なのです、気付いていないから鈍感なのです。」

それって、ちょっと馬鹿にされてる??

「別に馬鹿にしてはいないのですよ。にぱ~~☆」

「はい、やめやめ!!説明するよ!!このボードゲームはね、特注なのさ。だからより楽しめるって訳!!」

「へぇ、それは楽しみだぜ!!」

「んじゃ早速始めようか、じゃあ順番はジャンケンで、最初はグー。」

「「「「「ジャンケンポン」」」」」

梨花ちゃんはグー、魅音も、レナも、沙都子も、、俺は、、、チョキ・・・

・・・

・・・

・・・

今日は、本当に最悪な日だった。

何もかもが空回りだった。

悲惨という言葉でしか表現できない。

まずこのボードゲームは、僅か3分で決着がついた。

俺の一人まけ。

単純な事さ、カレーに当たっちまったんだよ、カレーに。

俺はこれから1年はカレーを食べません、とここに誓っておく。

「それにしても酷かったぜ、もう外真っ暗じゃねぇかよ。」

一度教室に戻ってはみたもの、誰もいなかった。

仕方ないので、一人で帰ることにする。

「ちょっと。」

「ちょっと!!」

ふと後ろから太い男の声がする。

暗くてよく見えないが、中年の男の声である事は、ある程度察しがつく。

「前原さん、ですよね?」

その太い声の男が段々と近づいてくる。

少し怖い感じがしたが、その後で警察ですと言ったので少し安心した。

「ちょっと車までいいですか?」

「あのー、一ついいですか?何か俺、警察に迷惑掛けるようなことしました?」

「いいえ、そんな事はありませんよ、ただですね、あなたに知っておいて欲しいことがあるんです。」

「それって、何ですか?」

「竜宮さんの事、そして園崎家の事ですよ、最近あなたの周りで不審な事が起きませんでした?」

「不審な事?」

不審な事といえば、昨日のレナの態度ぐらいなもので、今となれば何かの間違いであったような気さえする。

まぁそれが本当だとして、それを言っていいものなのか。

いくら警察とはいえ、友人を売る行為になるのではないか。

「いいえ、ありませんでしたけど。」

「けど、何ですか?」

「いや。」

「本当に些細な事でもいいんですよ。」

「何かあったんですか?」

「前原さんは、雛見沢に来てから日が浅いようですが、綿流しの意味って分かりますか?」

「綿流し?」

昨日、レナから聞いた・・・

あれ、思い出せない・・・

頭にノイズがかかったみたいになって・・・

戻る┃┃まとめ┃┃次へ


投票お願いします

↑↑ブログランキングに登録しました

にほんブログ村 ゲームブログへ

|

« (小説)ひぐらしのなく頃に-紅殺し編①- | トップページ | 陽あたり良好!ー1話から見れますー »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007938/22982572

この記事へのトラックバック一覧です: (小説)ひぐらしのなく頃に-紅殺し編②-:

» 優木まおみ エロいフォトギャラリー [優木まおみ エロいフォトギャラリー]
優木まおみ(ゆうき まおみ、1980年3月2日 - )は、日本の女性マルチタレント。生島企画室所属。ハーモニープロモーション業務提携。 [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 19時32分

» 「ひぐらしのなく頃に」を含むニュースと関連グッズのご紹介 [イマナビ!News]
イマナビでは「ひぐらしのなく頃に」を含むニュースと関連グッズのご紹介をしています。「ひぐらしのなく頃に」にご興味があれば是非ご閲覧ください! [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 11時49分

» 「ひぐらしのなく頃に」を含むニュースと関連グッズのご紹介 [イマナビ!News]
イマナビでは「ひぐらしのなく頃に」を含むニュースと関連グッズのご紹介をしています。「ひぐらしのなく頃に」にご興味があれば是非ご閲覧ください! [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 17時52分

« (小説)ひぐらしのなく頃に-紅殺し編①- | トップページ | 陽あたり良好!ー1話から見れますー »